石川県金沢市の方、ビール6缶パックの板紙は、雑がみではなく、ダンボールへ入れてください!

  • ブックマーク

この前、息子の小学校の資源回収へクラス役員として参加しました。

その時に、金沢市の方から、ゴミの捨て方についての、お話し、お願い、がありました。

2018年2月から石川県金沢市は、燃えるゴミが有料化になりました。

有料化になる前に、私は説明会に参加しました。

説明会の中で、これから「雑がみ」という項目が増えますので、紙類は、雑がみとして、紙袋か紐で縛るなどして、捨ててください。と説明がありました。

雑がみってどんなもの?

どうやって出せばいいの?

リサイクルできないものは、燃やすゴミに出してください

有料化になり、ゴミの量は、2割ほど、減ったそうです。

しかし、雑がみの出し方に問題が発生しているとのことです。

市からしっかり説明をしていないのも、問題ですと、おっしゃっていました。

雑がみを溶かす炉に、ビールの6缶パックの板紙は、溶けにくいそうで、ダンボールを溶かす炉の方に入れないと、機械が壊れる原因にもなるそうです。

そのため、集まった雑がみを全て、職員?が仕分けをしているそうです。

仕分けに、時間と労力がかかっており、今、大変な問題になっているそうです。

ビールなどの6缶パックは、冷蔵庫に入れて濡れても大丈夫な、頑丈な資材で出来ているそうで、紙を溶かす炉では溶けにくいそうです。

そのため、ダンボールと同じ炉で溶かす必要がある。

皆さん、これからは、ビールの6缶パックの板紙は、ダンボールとして、捨ててください!

雑がみは、チラシや本と一緒に捨てれる場所もあります。

よろしくお願いします。

ブログ一覧は、こちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら