一度は諦めたドラム式洗濯機…からの洗濯機の台 お客様からのご相談

  • ブックマーク

お客様が、ドラム式洗濯機を購入しました。

そして、以前の縦型の洗濯機を撤去し、ドラム式洗濯機を取り付けようとしても、取り付け不可能・・・ということで、ドラム式洗濯機をお店の方がもって帰ったそうです。

 

取り付けることが出来ない理由

  • 洗濯パンが、壁にくっ付いて取り付けてあるため、ドラム式洗濯機が大きくて洗濯パンに入らない
  • 水道の高さが低く、ドラム式のホースに繋げることが出来なかった。

 

ということで、ご相談があり、現地へ行くと、もう諦めたので、また縦型を買いますと・・・お話しされましたが

 

私は、色々考えました。

  1. 前の洗濯パンを外す
  2. 隣のスペースに置く

 

①は、排水管のこともあるので、お金がかかるため、却下。

②の隣のスペースにおいて、今の配管に繋げる方法をご提案しました。

 

水道もOK!

排水もOK!

とくに、工事もしなくてOK!

 

ということで、再度連絡をして、ドラム式洗濯機をもってきてもらい、取り付けてもらったそうです。

 

取り付けはOKですが、排水ホースが気になるということで、台を作ることにしました。

できあがった、台がこちら↓

そして、前から使っていたボックスを置きたいということで、洗濯パンの上に板を乗せました。

 

何故、半分だけかと申しますと、洗濯の排水のお掃除をしたいからだそうです。

 

縦型の洗濯機を撤去した時に、排水のところがドロドロですごかったそうで、すぐに掃除ができるように、乗せる板は半分だけにしました。

出来あがりがこちら↓

とくに大きな工事をせずに、念願のドラム式洗濯機を使えるようになり、とっても喜んでおりました。

この後、排水ホースも縮めてスッキリさせました。

 

坂建築にご相談、ありがとうございました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら