収納上手とは?恐ろしいモノの量 納戸のモノを全て出す

  • ブックマーク

納戸の床が、べコベコで、今にも床が落ちそうです。。。

 

築30年以上、今までに、リビング、廊下、和室の畳、全て、リフォームしてきました。

 

☞やっと完成!自宅の廊下、張替工事!祝

 

残りは、納戸の床です。

 

とうとう、ここに辿り着きました。まずは、大きなタンス(クローゼット)を次男と2人で解体しました。

↑ このタンスを解体しました。

 

☞大きなタンス(クローゼット)、自転車、扇風機、鏡を手放す

 

主人と息子達とみんなで、納戸のモノを、全て隣りの和室へ運びました。

 

な、な、なんと、この量のモノ達がありました。

 

↑ すごい量です。運ぶのが、大変でした。

 

↑ 廊下には、クローゼットに入っていた、洋服たちが沢山あります。

 

↑ これは、タンス(クローゼット)を解体途中ですが、びっしり、レコードや書籍、CDが収納されているのが、分かります。

 

↑ 主人のノミ、カンナも沢山ありました。

 

収納上手とは、恐ろしい。。。

 

綺麗に見えていましたが、実際に、全て出してみると、本当にすごい量で。。。

 

主人と2人で、こんなにモノが・・・まだあるね・・・と、せっせと運びだしました。。。

 

中1長男には、売るモノは売って、必要なものだけ残せば?と主人が言われていた・・・

 

肝に銘じます。と返答しておりました。

 

それにしても、納戸に、家長の主人のものが多いとは。。。申し訳ない。。。

 

息子達の部屋を作ったことで、主人のモノを、一度、納戸に綺麗に収納したことが、今の現状です。

 

しかし、我が家の納戸には、エアコンもついていて快適!

 

問題は、床からの湿気がすごいので、今回は、床の貼り替えをしたいと思います。

 

本当に、すごい量のモノでした。

 

↑ いや~何度みてもすごい。

 

建築のブログはこちら↓

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら