家の中の処分の時に私が1番気をつけていることをご紹介

  • ブックマーク

家の中の処分の時に私が1番気をつけていることをご紹介したいと思います。

 

処分の時 1番気を付けていること

主人、息子たちの私物(趣味や仕事道具)の処分には、絶対に勝手に捨てない、捨てなさいと口にも出さない。

 

たま~に、本当に、これいる~? こんなにいる~?と軽く、愚痴が、口からこぼれ落ちてしまうことはありますが…( 笑 )

 

たま~にです。たま~に(笑)

 

なるべく、家族には私の処分理論を押し付けないようにしています。

 

家族のモノは勝手に捨てないことが基本!!!

 

私には、必要ないように見えても、本人たちには、とっても必要なものらしいです。

 

家族の私物の整理整頓はどうしてるの?

小4次男とは、3ヶ月に1度ぐらいのペースで一緒に整理整頓をします。

 

特に机の上と引き出しの中身を全て出して見直します。

 

今では、本人の判断で「これ要る」・「これはもう要らない」と、判断がとっても早くなりました。

 

私は、次男と一緒に整理整頓をする時間をあえて作ることがお仕事です。

 

1回の時間は、20分以内。

 

あまり長くやると、次男が嫌になるので、10分で終わる時もあります。

 

それを何回も繰り返すことがポイント!!

 

中1長男に関しては、私よりも断捨離のスペシャリスト、ミニマリストなので、いうまでもありません。

 

部屋がすっきりしすぎていて、本当に何もない。。。

 

正直、主人のものが、家の中で1番多い(^^♪

と思うけど・・・

 

それは、主人の世界

 

私達家族が口出しをするものではない

 

大切な、カンナ、ノミ、レコード、CD

 

レコードとCDは、結構減りましたが、その分、カンナやノミが、コレクションのように、増え続けております。

 

ちょっと時間があれば、カンナやノミを買いに出かけます。

 

カンナ・ノミは、仕事でも使うので

 

暇さえあれば、カンナとノミを研いで丁寧にお手入れしておりますのでOKOK!!

 

ということで、主人の私物には、絶対に口を出しては、いけません。

 

まとめ

私が処分しているものは、家庭で使う、みんなのものです。

 

洋服や靴は、それぞれみんなに相談して処分をしています。

 

基本新しいものを購入したときは、必ず、古いものは、処分する。

 

洋服だけではなく、全てにおいて、これに尽きます。

 

何かを購入したら、同じようなモノは処分する。

 

以上、いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら