壊れる前に売る(買取)アンプ スピーカー 壊れると小型家電リサイクル法の処分費がかかる・・・

  • ブックマーク

アンプとスピーカーが壊れる前に、処分をすることに決めました。(主人が…)

↑理由は、以前テレビが壊れて処分した時に、4000円掛かったからです。(2020年5月現在)

 

今回は、小型家電が壊れる前に、買取をしてもらいました。

 

↑主人が納屋で仕事(大工)の加工をするときに、使っていた、アンプとスピーカーです。

 

↑これを機に、DVDプレイヤーも一緒に売ることにしました。

 

↑アンプの線も2つ売ります。

 

さっそく、HARD・OFF(ハードオフ)さんへもっていき、査定をしてもらい、買取をしてもらいました。

 

【買取結果 詳細】

スピーカー 1000円

アンプ 2500円

DVDプレイヤー 200円

合計 3700円

 

古くても、買取してもらえました。

 

引き取ってもらえるだけでありがたい。

 

壊れてしまってからでは、お金を払って、処分をすることになります。

 

家にもう1台の、アンプとスピーカーがあります。

↑レコードマニアの主人なので、レコードプレイヤー?もあります。

 

今、ブログを書きながら、私は、CDでを聞いています!(^^♪

 

主人は最近、携帯の音楽をスピーカーにつなげて聞くようになったので、今回、納屋に置いてあった、アンプとスピーカーは不要になったそうです。

 

あ~なんかスッキリした。

 

 

ここからは、処分ブログの続きで、他にも処分したものがありますので、ちょっと紹介します。

 

我が家の掘りごたつが崩壊したので、掘りごたつ関係を全て処分しました。

 

大きなものは、早めに処分。

 

↑掘りごたつのテーブルを処分します。

 

↑掘りごたつ関係は全て処分。

 

☞堀りごたつは、プロの大工さん(主人)に修復してもらいました。

 

 

↑まだ使えると思って、残しておいた、網戸の網。穴が開いて使えないので、処分します。

 

↑雑巾を1枚処分します。

 

↑次男の穴があいた靴下を処分

 

↑主人のカミソリなどを入れていましが、入れないことに決めましたので、処分します。

 

最後に、細々と処分したものを書きましたが、すこしづつ家がすっきりしていきます。

 

一度に処分はできないので、その時、その時、今あるモノ達と向き合います。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら