【シロアリ被害】部分補修工事 脱衣場から浴室への敷居 トイレの入り口の敷居 金沢市 坂建築

  • ブックマーク

坂建築に一本の電話が掛かってきました。

 

脱衣場から浴室へ入る部分がシロアリの被害にあっているので、見てほしいとのことでした。

シロアリの被害状況

↑ お~これはヒドイ。。。脱衣場から浴室への入口の敷居が大変なことになっています。

 

↑ 木がボスボスになるまで食べられております

 

↑ 大変だ~!!

 

なぜ、ここまでの状態になったのか?

数年前に少し食べられていたので、上からシートか何かを、かぶせていたようです。

 

数年後、そのシートをとってみると、あらビックリ!な状態。

 

ここまでに被害が進んでしまったようです。

 

まずは解体工事開始 am8:30

↑ 何やら、粘土のようなものが。。。なんだこれは???

お客様も記憶にないとのことです。。。

 

↑ 結構、シロアリの被害は広がっておりました。

 

↑ 真ん中の床タルキという木もシロアリに沢山に食べられておりました。

 

↑ こんな状態でした。さぞかし美味しかったのでしょう・・・

 

シロアリの薬を塗っていきます 10:00頃~

↑ 木の部分には、クリアのシロアリの薬を全て塗りました。

 

↑ 不幸中の幸いとでも言いましょうか!!

土台は全く食べられておらず、バンバンにOKの状態でした!

 

土台まで食べられていたら、大変な工事になった所です。。。

 

シロアリの被害やリフォーム工事は、解体してみないと分からないのでドキドキします。。。

 

補修工事開始 11:00頃から

↑ 新たらしいタルキに変えました!このタルキにも、シロアリの薬を塗ります。

 

横の柱の補修 ここからが、大工さんの見せ所! 14:00頃~

↑ この形を主人が作って!!

 

↑ ピッタリ入りました!!すごい!!!

 

↑ 違う角度からも、どうぞ。

 

↑ よいしょ! しっかり入りました! すごい

 

↑ 断熱材を入れて

 

↑ フロアーを張って (このフロアーは水に強いフロアーを選びました)

 

↑ ボンドを付けて、敷居を取り付けていきます。

 

↑ よし、ぴったり入りました!!さすが大工さん!!

 

敷居を作るのをみていると、色んな道具を使っていたのでちょっどご紹介!

↑ スライド押し切りという道具だそうです。

 

↑ のこぎり

 

↑ ノミで最後の調整をしていました

 

↑ カンナをかけて完成!

 

大工さんは、本当に沢山の道具が必要です

 

塗装工事 翌日

↑ 横の柱の色に合わせて、塗装を行いました

 

↑ 繋ぎ目も、分からないくらい、とっても綺麗になり、感動です。

 

浴室の中のコーキング補修

浴室の中から、水が漏れないように、コーキングで補修をしました。

 

追加でトイレの一部、シロアリ補修工事

トイレの敷居にもシロアリの被害を見つけました。

↑ 食べられた所を掘って解体をしてみると

 

↑ この部分だけの被害でしたので、少しだけ敷居を変えました

 

↑ 緑の押しピンみなたいなモノで、板が浮いてこないように、止めてあります。

 

塗装を塗って完了!

 

↑ 部分補修した所と周りの敷居に色を塗ったので、良く見ないと分かりません。

 

↑ よぉーく近づいてみると、補修した所は分かります。

これで完成です。

まとめ

今回は、脱衣場全体の床を補修工事すると、お金と時間が掛かりますので、シロアリの被害があった場所だけの、部分補修工事になりました。

(お客様と一緒に相談して決めました)

 

坂建築を選んでいただきありがとうございました。

 

何か、お困りごと、ご相談があれば、いつでもご連絡ください。

◆TEL/FAX 076-205-1281

◆メール msmn0923@yahoo.co.jp

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

建築ブログはこちら↓

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら