30年も早く夢が叶った!平屋で畑をする。自給自足生活。その叶い方が意外だった( 笑 )

  • ブックマーク

私の夢は、60歳になったら平屋の家に住んで、畑を作って自給自足生活をすること。それが30年も早く夢が叶いました。

6年前。長男が5歳の時。そろそろアパートから、一軒家に引っ越して、通う小学校を決めたいな?と思っていました。

中古物件を購入してリフォームをする予定で、携帯で検索を始めました。旦那は大工で自営、私もその頃会社を辞めて、子育てサロンをしていましたので自営。

自営の二人に銀行は、お金をいくら貸してくれるのでしょうか?きっと、少ない..と言うことで、探していた物件も、お安めのモノばかりです。

旦那に何軒か実際に見てもらいましたが、壁をトントンとして、ダメ…。外壁や屋根、作りをみて、ダメ…。どの物件を見に行っても、首を縦には振ってくれません。

そこで最後の1つ、150坪の平屋の家がヒットしました。築25年、木々で家が囲まれており、道路からの間口も狭い、暗~い感じなので、はいっ、却下だなぁ~と。思いましたが。

最後の1つだからと旦那を説得して見に行きました。すると、旦那の目がキラキラ輝きました。顔もニコニコ!

何?この家?和風ですごくいい!外の作りを見て大感動。家の中も是非見てみたいと。

家の中を拝見すると、まずは広い玄関、ここが決め手と言ってもいいでしょう!

玄関

そして広い廊下、広いお風呂に、広いトイレ。そして8畳2間の和室。茶室。リビングには掘りごたつ。どれも素晴らしい部屋ばかりでした。

唯一リフォームが必要なのが、ダイニングのフローリングとクロス。

良く良く聞いてみると、老夫婦の方が住みやすいように建てた家で、おばぁちゃんが、1年前まで1人で住んでいたけど、お年になり娘さんと一緒に暮らすために、手放したそうです。

6年前に、この家に決めよう!と心がワクワクした記憶が蘇りました。本当に、いい買い物したなぁ〜。ご先祖様や皆さんに感謝です。巡り会うべくして、巡り合った家。大事に使います。

夢は言葉に出していると、きっと叶います!

ちょうど6年前の今頃、引っ越しをしていました!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら