壊れたら絶対にまた購入する家電 第1位、食洗機 第2位、ドラム式洗濯機。合理的ミニマリストに絶対に必要な家電

  • ブックマーク

合理的ミニマリストには、この家電2つは、絶対に欠かせません。

第1位 食洗機

第1位は、もちろん食洗機です。

 

毎日、食洗機に頼りきっています。

 

食洗機は、結構デリケートな家電なので、食洗機用洗剤以外の洗剤が少しでも食洗機に入ると、壊れやすいです…

 

それを知らなかったズボラな私は、何台か壊れました。。。

 

しかし

 

古いキッチンなので、壊れた場合、自分で新しいものを買い、自分でホースを繋ぎ変えます。

 

色々、体験から勉強しました。

 

ちなみに、この食洗機、富山県のリサイクルショップに行った時に、たまたま新品で2万で売っていました。

 

新品で、2万円ですよ!安っ。

 

リサイクルショップは、たまに掘り出し物があるので、時間がある時は、足を運びます。

 

家族4人いると、1回の食事で食器やコップを大量に使います。

 

私は、調理器具も食洗機に入れます。包丁は必須!

 

包丁は、持ち手のところが一番汚いですよね。

 

食洗機で、包丁の全体を綺麗にします。

 

 

食洗機のメリットは沢山あります。

  1. 自分で洗うよりも節水
  2. 高温洗浄で、とっても綺麗になる
  3. 手が荒れません。
  4. 腰が痛くならない。(台所が低いため自分で洗う時間が長いと、腰が痛くなる。。。)
  5. 今日は、どっちが洗う?と主人とジャンケンをしなくてもOK(笑)
  6. みんながコップやお皿を沢山使っても怒らなくてもOK
  7. 洗う時間、すすぐ時間について 例えば1日合計1時間だとすると、1ヶ月で30時間自分の時間にできます
  8. 食洗機で、すぐに綺麗になるので、食器は少なくてもOK

↑家族4人分の食器です。

 

↑もう少しお皿は減らしたい所ですが、減らしすぎると、合理的に進めることが難しい

 

 

デメリットを申し上げるとすれば

ちょっと音がうるさいので、テレビを見ている時は、あまり使いたくありません。

 

ただこれだけです。

 

 

第2位 ドラム式洗濯機

1位の食洗機と迷いましたが、1日のうちで、食洗機の方が沢山使うので、、、1位は、食洗機

第2位は、ドラム式洗濯機

 

ドラム式洗濯機の中でもこだわりは、ヒートポンプ式を選びます。

ヒーター式よりも電気代が安いから。ただそれだけです。

 

ただそれだけですが、電気代が安いって、主婦には、一番大事です。

 

 

メリットの紹介

  1. 縦型より節水
  2. 節水なので、洗濯時間も短い
  3. 洗濯も乾燥もできる
  4. 乾燥は、タオルがフワフワになります。
  5. ボタン1つで、洗濯から乾燥まで1度で終わります。

 

デメリットの紹介

  1. 縦型よりも、値段が高い
  2. 大きいので部屋が狭くなる
  3. 縦型よりも壊れやすい

 

 

ドラム式を購入するときは、必ず5年保証に入ります。

5年の間に壊れた場合は、保証で直します。

 

部品は、7年目までと修理の方に言われていますので、6年目、7年目までは、壊れても自腹で直します。

その後の対応は、買い替えるか、修理できれば修理。

 

ちょっとお値段は高いですが、普段の家事のことを考えると、ドラム式洗濯機は、手離せません。

家族4人の洗濯の量は。。。

↑毎日この量。。

それ以上の時も沢山あります。

干すものもありますが、ほとんどは、夜、洗濯と乾燥をして、朝たたみます。

 

あの量の洗濯を干すとなると場所もとるし、時間もかかります。

 

北陸は常に天気が悪いので、除湿器を置いている家庭も沢山あります。

 

私もアパート時代は除湿器を使っていましたが、水を捨てるのがめんどくさい。乾くのに時間がかかる

 

ドラム式洗濯機を購入してからは、洗濯の時間が減りました。

 

本当に購入して良かった家電です。

 

 

ということで

 

壊れたら絶対にまた購入する家電 第1位は食洗機、第2位はドラム式洗濯機の紹介でした。

 

合理的ミニマリストのブログはこちらです

【ミニマリスト】効率よく家事をする ストレスない暮らし モノを厳選 合理的

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら