軽量鉄骨で建てた家に、ホスクリーンを取付 まずは、取付可能か、調査から

  • ブックマーク

私のブログ(我が家の洗濯置き場に、室内用物干しのホスクリーンを取り付けた)を読んだ、私のお友達から

 

自分のお家にもホスクリーンを取り付けたい!!というご相談がありました。

 

☞中古物件をリフォーム 室内用物干し ホスクリーン 大工さん(主人)に付けてもらいました。

 

まずは、ホスクリーンを取り付けれるか、大工さん(主人)と一緒に調査へ。

 

軽量鉄骨で建てたことは、知っていたので…

 

軽量鉄骨のお家にホスクリーンを、取り付けられるのか???という所からのスタート!

 

取り付け予定の洗面脱衣室の天井裏を確認したいので、近くに天井裏を見る点検口がないか探しました。

 

ありました。隣りのお風呂場の天井に点検口が!!!

 

しかし、お風呂場の天井裏を見れるだけで、洗面脱衣室の天井裏を確認できませんでした。

 

ということで、2階の天井裏を確認することにしました。

 

2階の天井裏から、下地の取り付け方を確認すると、下地は、木材で作ってありましたので、軽量鉄骨で建てた家でも、ホスクリーンを取り付けれることが確認できました。

 

そして、下地の間隔などを確認してから、1階の洗面脱衣室へ移動。

 

下地を確認する器具で、下地チェック!!

 

↑ どこに付けたら、歯磨きや家事動線に影響ないか、お客様と相談しながら、ホスクリーンを取り付ける長さや幅を決めました。

 

↑ 無事、取付完了!

 

取付が決まったら、工事は早い。30分で完了です。

 

お客様にもとっても喜んでいただき、本当に嬉しかったです。

 

坂建築を選んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら