中古物件をリフォーム 室内用物干し ホスクリーン 大工さん(主人)に付けてもらいました。

  • ブックマーク

今回、大工さん(主人)に室内用物干し ホスクリーンをつけてもらいました。

 

↑ホスクリーンとは、室内用 高級物干金物と書いてあります。

 

我が家は、ホームセンターで購入しましたが、似ているのもがネットでも売っていました。

 

我が家が購入したものは、SPD型です。

 

↑下地のある部分にホスクリーンを取り付けます。壁からの長さは、50cmにしてもらいました。

 

↑家にあった、洗濯竿を使いました。

 

↑横の長さもOK。洗濯竿は、伸縮するタイプです。

 

↑うん、いい感じ!ポールの高さは、3段階調整可能です。

 

高さは、あえて高く設置してもらいました。

 

少し手(腕)を伸ばして、洗濯物を干す。 私の運動(ストレッチ)です。

 

ちょうど洗濯機のある、この部屋は、外から風が入り、午後から日光があたるので、乾きやすい洋服を、干すことにしました。

 

ホスクリーンは、足が無い分、部屋も広く使えるので、大好きです。

 

ただし、洗濯ものを沢山干しすぎて、重すぎると、、、

 

黄色が見えると注意のサイン

 

荷重目安ガイドがついています。

↑荷重が大きくなると黄→赤の順に表示がでます。

 

物の掛けすぎを視覚的に知らせ天井を傷めることを防ぐ、安心機能です。

 

8kgを超えると赤色のサインがでます。

 

↑ちなみに、この写真は、私が、めっちゃ下に引っ張っています。それでも、黄色です。

 

カナリの洗濯ものを干しても大丈夫かも!?

 

実際に干してみました。

↑高さもいい感じです。重さも大丈夫。

 

大工さん(主人)ありがとうございました。

 

洗濯機の近くに、洗濯物を干せることが、一番効率的でいいですね!!

 

建築

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら