玄関引き戸の鍵交換 玄関の敷居・石・レール・礎石取り替え 録画付きインターホンに取り替え

  • ブックマーク

築50年のお家の玄関です。玄関の敷居から引き戸のレールが外れ、磯石(そせき)がボロボロに。。。

 

↑ レールが外れています。

 

↑ 礎石(そせき)もボロボロに…

 

今回は、玄関引き戸は、そのまま使う方向で、傷んでいる敷居礎石(そせき)を交換することにしました。

 

玄関に仮の壁づくり

玄関の引き戸を外して1週間、敷居の工事をするため、まずは、玄関に養生用の仮の壁を作ります。

 

この壁を作ることで、解体中の砂ぼこりが家には、入りません。

 

そして、玄関の引き戸を外しても、誰も入ってこれないくらいの、頑丈な仮の壁。

 

↑ 壁、天井に傷をつけないよに、柱を立てていきます。

 

↑ 合板をはっていきます。

 

↑ 合板の隙間から、解体の砂が入らないように、養生テープで、隙間を埋めました。

 

解体

↑ 解体の前に、どこを切っていくか、墨付けをしました。

 

↑ 墨付けをした部分を主人が、解体をしていきます。掃除機で吸い込みながら作業をしても、すごい砂ぼこりです。

 

↑ 削岩機を使って、解体中

 

↑ 真ん中の敷居も外れました。

 

↑ 解体完了

 

礎石(そせき)新規とりかえ

↑ 石工屋さんに、礎石(そせき)を取り替えてもらいました。

 

敷居とレール 新規とりつけ

↑ 敷居とレールが、綺麗になりました。

 

↑ 左官の方に、敷居の周りの補修をお願いしました。

 

引き戸の鍵交換

引き戸の鍵が、内側からしか閉められなかったため、外側からも鍵をかけられるように、鍵交換です。

 

↑ まずは、取り付ける鍵の穴を、主人がノミで掘っていきます。職人技です。

 

↑ 鍵を取り付ける穴ができました。

 

↑ 鍵、完成です。 そして、呼び鈴を誰が来たかわかるように、インターホンに取りかえました。

 

録画機能付きです!!

 

他にも

◆洗面台の水の出が悪いのを解消

 

◆トイレの手洗いの蛇口の動きをスムーズになるように解消

 

細かいことですが、お客様が悩んでいたことが、一気に解消されて、とっても喜んでおりました。

 

坂建築を選んでいただきありがとうございます。

 

他の建築事例はこちらです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら