良くエラーが出るドラム式洗濯乾燥機、今回の原因はこれかー

  • ブックマーク

うちのドラム式洗濯乾燥機は、良く壊れます。

2013年3月9日に購入。

6年経ちました。

10万円で購入したレシートがありました。

 

プラス5000円で5年の長期保証に入っていましたので、今までは保証で修理。

主に、ヒートポンプ、フィルターフレームが、壊れることが多いです。

 

ここ最近の修理履歴

  • 2018.2.23、Vベルト交換、無料
  • 2018.9.1、ヒートポンプ交換、23220円
  • 2019.5.21、異物ストッパーセット交換、無料

修理までの流れ

  1. 5月20日、購入したお店へ電話
  2. 5月20日、メーカーの方から連絡
  3. 5月21日、メーカーの方が修理へ来てくれました。1時間で修理完了
  • 今回は、排水経路が詰まっていませんか?というエラーです。

これを無料で交換してくれました。

メーカー側が無料で交換しなければいけない部品だそうです。

他にも原因がありました。

 

これでした。

トランプのカケラで、詰まっていたようです。

 

ついでにいつも、エラーになる、フィルターの中の部分を掃除してもらいました。

 

私では掃除できない部分で、下手に素人が掃除すると、壊れる場所だからです。

 

しかし、乾燥機を毎日、二回は使う家族には、すぐに詰まる場所。

今回も修理ありがとうございました。

 

いつも担当の方は違いますが、Panasonicさんの修理担当の方はとても低姿勢でしっかり直してくれます。

また壊れた時は、すぐに電話させていただきます。

 

洗濯乾燥機が使えないというのは、家族四人いるうちには大打撃ですから。。。

ドラム式洗濯機を使うようになってからは、家事の時短になっているので、手放せません。

 

ちなみに、うちは、洗濯機、二台あります( 笑 )

毎日、フル稼働( 笑 )

 

ドラム式洗濯機のメリット・デメリット 寿命 購入する時に気を付けること

 

壊れたら絶対にまた購入する家電 第1位、食洗機 第2位、ドラム式洗濯機。合理的ミニマリストに絶対に必要な家電

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら