ドラム式洗濯機のメリット・デメリット 寿命 購入する時に気を付けること

  • ブックマーク

ドラム式洗濯機のメリット、デメリットを書いていきたいと思います。

 

最近は、ドラム式洗濯機を使っている方は多いのではないでしょうか?

 

まずは、私が感じる、デメリットから

 

デメリット

家の洗濯パンに、ドラム式洗濯機が大きすぎて入らない

 

玄関、廊下、階段で ドラム式洗濯機を搬入することが不可能。。。

(実際に2階の洗濯場に入れるため、手摺りを外さないと入らなかった方もいます)

 

値段が、縦型洗濯機よりも、とっても高い

 

ドラム式は、縦型や昔の二層式よりも、故障しやすい。壊れやすい・・・。

 

デメリットは、こんなところでしょうか?

 

メリット

 

ドラム式洗濯機は、縦型よりも、水が節水 できます。

 

イコール、洗濯時間も短縮。縦型よりも早く終わります。

洗濯機

↑ 我が家は、縦型とドラム式の2台使いです。縦型は、水をためることに、時間が掛かりますが、ドラム式は、少ない量の水でOKです。

 

ドラム式は、洗濯から乾燥まで一気に出来るので、夜、回して、朝には乾燥まで終了。

 

タオルや洋服の量が少なくてOK!

 

いいことばかりです。

 

その他 ドラム式で気を付けること

私のように、洗濯、乾燥を、使いすぎると、故障の原因になります。

 

そして、基準の量よりも、入れすぎることも、故障の原因の1つ。

 

こまめに、乾燥のフィルターの掃除をしてください。

 

ドラム式は、故障する確率が高いため、購入時は必ず、5年保証に入ることをオススメします。

 

我が家では、ドラム式洗濯機、2台目です。

 

結婚して14年。 7年で1台、故障しております。

 

何故7年なのか?

7年で、部品の生産が終了するため、結局、7年以降に故障した場合、買い替えています。

 

2020年現在、2台目の7年使ったドラム式洗濯機は、エラーが出ていますが、ギリギリ使っています。

 

(近々、ご縁があり、新しいドラム式洗濯機が、お嫁に来る予定!!)

 

ドラム式を壊れてもまた買いたい理由

タオルが、ふあふあ(#^.^#)

 

「洗濯・乾燥」のボタン1つで、夜回した洗濯が、朝、出来あがる。

 

家族4人、洗濯の量は、半端ないので、干す時間が、減る分、本当にドラム式は楽です。

 

北陸地方のため、中々乾きにくい日でも、乾燥機ですぐに乾きます

 

たぶん除湿機よりも、ドラム式洗濯機のヒートポンプ式は、電気代が安い

(ドラム式のヒーターは、電気代が高いのではないかな???)

 

一度、ドラム式洗濯機を使い始めると、縦型に戻れません。。。

 

今は、縦型とドラム式の2台ありますので、縦型で洗って、ドラム式で、乾燥する場合もあります。

 

ドラム式と、縦型で、2台同時に、洗濯を動かす時もあります。

 

大家族には、洗濯機トイレは、2台あるとすごく便利だと思います。

 

(2019・2020年に、ドラム式洗濯機を購入して、感動している方を2人知っています。)

 

干すことが、あまり好きではない、私にとっては、ドラム式洗濯機が、家事の最高のパートナー

 

今回は、ドラム式洗濯機のメリット・デメリットのお話しでした。

 

▶一度は諦めたドラム式…

一度は諦めたドラム式洗濯機…からの洗濯機の台 お客様からのご相談

 

▶壊れたらまた購入する家電

壊れたら絶対にまた購入する家電 第1位、食洗機 第2位、ドラム式洗濯機。合理的ミニマリストに絶対に必要な家電

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら