大工さんのこだわり【企業秘密】床材を再利用して和風の風窓にリメイク 和を残す

  • ブックマーク

たまには、うちの大工さんは(夫)すごいのだ!!~というブログを書いてみたいと思います。

 

和風から洋風にリフォーム中のお家の、一部、見えない部分に、を残しました。

 

リフォーム前の縁側に使われていた床材を残しておき、その床材で作った和風の風窓のご紹介です。

 

昔、縁側に使われていた床材は、今では中々取り寄せることが出来ない、とても素敵な材質でイイモノでした。

処分するのは勿体ないので、和風風窓に、リメイクした大工さん(夫)。

 

まずは風窓とは!?

家の土台である基礎部分に、わざと、穴があけてあります。

理由は、床下が湿気でこもらないように。

 

湿気がこもると、カビや、シロアリの原因にもなります。

↑ この風窓から、床下に風を通します。昔からお家の基礎部分には、風窓があります。

 

今回のリフォームは、洋風ですが、下の土間部分にを残しました。

 

和風風窓のご紹介

↑ これが、大工さんが作った、和風風窓です。

 

リフォームの時に、縁側を解体し、床板が素晴らしい材質でしたので、それを残しておき、風窓の役割を果たすものに

変身(リメイク)させました。

 

夫から、この床板は後で使うから、残しておくように言われておりましたが、風窓に使うためだったのですね。

 

私は建築に感しては、まだまだ素人なので、わかりませんでしたが

 

2021年8月の夏休み

息子達の自由研究の工作作りをしていた横で、夫が企業秘密の作り方でコツコツ風窓を作っていたそうです。

 

私は風窓を作っていたなんて全く知らず、、、(笑)どんな嫁なんだ(笑)

 

そして、和風風窓を、お客様のお家に取り付け、感無量の夫(大工さん)

 

↑ 何故、基礎の上の方に風窓をつけたのか!?と夫(大工さん)に質問しました。

 

いずれ、この土の部分に、テラスや何かを作った時に、風窓が上にあれば、自由にテラスを作ることができる!とのことでした。

今後のことも考えて、上につけたそうです。

 

なるほど~!!!

 

たまには、職人ブログもいいですね(笑)

 

そう思っているのは、私だけかな!?

 

何か、お困りごと、ご相談があれば、いつでもご連絡ください。

【坂建築】

◆TEL/FAX 076-205-1281

◆メール msmn0923@yahoo.co.jp

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら