設計士さんの図面(想い)を忠実に実現させる大工さん:坂建築

  • ブックマーク

2021年秋は、設計士さんからのお仕事をしておりました。

 

設計士さんとお客様が、打ち合わせを行い、作ったプラン。

旧浴室を書籍ルームに大変身。

 

その図面を元に、忠実に、仕上げた大工さんと仲間たち。

 

完成の書籍ルームがこちらです

↑ まずは一階 壁などは、シナベニアにクリアの塗装を上から塗り、とても明るく温かいイメージのお部屋になりました。

 

↑ ロフトへ上がる階段は、大工さん(主人)の手作り階段です。

 

※ここでポイント、階段の段差を利用して、棚を付けるとは、さすがの設計士さんのアイディアです!

 

↑ 1階は、こんな感じに仕上がりました。

 

↑ ロフトの上と、1階を一緒に撮った写真になります。

 

↑ こちらは、ロフトの上になります。窓際のカウンターの前に座ると、足を下におろせる仕組みになっています。

 

↑ 1階からロフトに座っている人の足が見える形になります!

 

※あ~足が見える写真を撮れば良かった。。。

 

まとめ

この書籍ルームを作るまでには、とっても苦労していた主人(大工さん)

 

↑ 元の柱など、残せるものは残しています。

丸い柱に、新たらしいものを繋ぐことは、相当難しいそうです。

 

 

 

 

 

私は、上手く説明がは出来ませんが、シナベニアを張る前の、下地作業が、大工さんの腕の見せ所のような気がします。

 

しかし、壁でふさいでしまうと、見えない部分ですが、、

 

見えない部分を、しっかり作業出来る人が、これから信頼という価値が付くと私は信じています。

 

色々な経験をして、坂建築は、成長していきます。

 

以上、いつもブログを読んでいただきありがとうございました。

 

ガラスが割れた 火災保険を確認しよう 保険が使えるかもしれない

 

【金沢市リフォーム】可動棚を取り付けました 高さを自由に変更可能

 

フェンスのブロックのヒビ割れは、水抜きができていないのが原因?

 

砂壁に和紙を貼りました。DIY? 女子1人で頑張った!

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら