築100年 キッチンのリフォーム 工事内容のポイントをご紹介 解体から完成まで

  • ブックマーク

築100年以上経つ、古民家のM様邸。キッチンをリフォームしたというご相談から始まりました。

 

築100年以上のお家のリフォーム。解体をしてみないと、分からない部分が沢山あります。

 

主人は、職人大学の修復専攻科で学んでいますので、古民家のリフォームは、とても楽しいようです!

 

以前のキッチンがこちら

↑ 綺麗に見えるようですが、引き出しの中は、汚れてしまい、モノを入れれない状態でした。

 

そして、天井までの高さは、写真ではわかりにくいですが、ちょっと低いため、お部屋が狭く感じます。

 

まずは、解体です

↑ 引き出しを全て出しました。

 

↑ キッチンも全て、取り外しました。

 

↑ タイルもはがしていきます。私も手伝いました。

 

↑ タイルの内側の下地材の解体中です。

 

↑ 床も全て解体しました。

 

基礎の下地作り

↑ 床の基礎(土台)作り。下地をしていきます。

 

↑ 壁や天井にも下地をしていきます。

 

断熱材

↑ お部屋が温かいように、断熱材もいれました。

 

ボード張り

↑ 壁にも、天井にもボードを張っていきます。

 

内装工事のクロス貼りでほぼ完成

↑ 新しいキッチンが入りました。

 

↑ 横には可動棚を取り付けました。

 

以前のキッチン

 

完成したキッチン

↑ 白のキッチンは、清潔感があっていいですね!

 

こんなにステキなキッチンに変化しました。今回は、お客様がお選びになった、タカラシステムキッチンです。

 

工事内容のポイント

  1. 設備配管はすべて新管。(今後、配管からの水漏れ防止
  2. オール電化。光熱費削減。(以前は、温水器、灯油、ガス)
  3. 配線もコンセントも分電盤も新品(古いコンセントや配線による火災防止
  4. 天井の梁(はり)の部分だけ残し、床から天井までの高さをあげた
  5. 天井の高さを少しあげることで、お部屋が広く感じます。

 

◆蛇口が二つある理由

以前使っていた、アルカリイオン浄水器を取り付けるため。(いずれ食洗機も取り付け可能)

 

お客様から本当に喜んでいただき、こちらも嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

ありがとうございました。

 

▶その他リフォームのご紹介

築100年 お風呂リフォーム、光熱費削減に大成功 天井までの高さで悩んだ工事

 

築100年 トイレリフォーム。爽やかでスッキリ 以前より少し広めにしました。

 

築100年 洗面脱衣室が広く快適空間に変身 大工さんの工事ポイントを紹介

 

築100年 北風や雨が入る勝手口 家中が寒くなる悩みをリフォームで改善

 

住みながら水回りのリフォーム(キッチン・トイレ・お風呂)仮設準備が必要 リフォームオススメ時期とは!?

 

何か、お困りごと、ご相談があれば、いつでもご連絡ください。

坂建築

◆TEL/FAX 076-205-1281

◆メール msmn0923@yahoo.co.jp

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

小さなことから丁寧に、あなたの身近な大工さん。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら