傘は大きい方が使いやすいは違っていた:小学生編 海沿い地域

  • ブックマーク

中2男子と小5男子を育てている、アラフォー母ちゃんです。

私は、息子達が大きくなるにつれて、傘は大きいモノが使いやすい(良い)とずっと思っていました。

 

しかし、その考え方は、間違っていたようです・・・

何故、間違いに気づいたのか?

小5次男の壊れた傘です

見事に、傘の持つ部分が折れております。なぜ、こんな所が折れのか?

 

原因は、下校中に友達と遊んでいて、傘を踏んでしまい、折れたというのです。

そこで「また大きな傘を買ってくるね!」と私が言うと。

大きな傘は、使いにくいから要らないと、小5次男が言うのです。

大きな傘が使いにくい理由

大きな傘は、通学路の歩道で電信柱と塀で狭い所があるから、通りにくい。

 

なるほど、友達と一緒に帰ってくる時も、あまり大きな傘だと、隣りとの距離を考えると迷惑だね(笑)

 

後、風が強い日は、使いにくい(使いたくない)というのです。

 

そういえば私も外を歩くようになり思ったことは、風の強い日に大きな傘はとても大変。

大きな傘は風を受けやすいので、ひっくり返ることもあります。

息子達は風の強い日は、傘をささずビチョビチョになって帰ってくる。

 

海沿い地域は、想像以上に風が強いです。大人の私でさえ、歩くのが大変です。

 

まとめ

大きな傘は、身体もランドセルも隠れて雨に濡れにくいので、母親としては、よかれと思って、大きな傘を選んで購入していましたが、小学生には、大きい傘は必要ないそうです。

 

使う人の意見を聞かないと、分からないことが沢山あります。

 

今回もいい勉強になりました。

 

子育ても、仕事も同じですね!

 

建築も住む人の意見を聞きながら、一緒に作りあげていく!

 

この世の中は、コミュニケーションがとても大事だと思います。

 

以上、いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら