ガラスの破損→修復→火災保険請求→振込までの一連の流れ 

  • ブックマーク

2020年5月7日に玄関の木製建具のガラスが割れました。

割れて、修復完了するまでの記事がこちら

 

☞玄関木製建具のガラスが割れた・・・半日で修復完了

 

修復作業をしてもらうと同時に行ったことが、保険のチェック。

 

我が家が入っている、保険で直せるのか?

 

まず、火災保険をチェックしてみました。

 

↑なんと、突発的な事故で、保険がおりるかもしれません。

 

ガラスの工事をしてくれた方が教えてくれたのですが

 

ガラスが割れる時は、風で、何かが飛んできて、知らないうちに割れているというケースが多いので、風災で直す方がほとんどですよ!

 

ということでした。

 

我が家は、風ではないので、風災ではなく、家財に入っているので、家財で保険がおりるかもしれません。

 

逆に、家財の突発的な事故に対応している保険は、珍しいですね!と言われました。

 

ここで、保険の友達に相談したところ、家財でも、2種類あるらしく

 

建物家財とあるから気を付けてと!

 

玄関の戸は、建物の一部なので、家財でも建物にも対応していないと、保険は、おりないかもしれないというのです。

 

保険の内容をチェック、チェック

↑不測かつ突発的な事故に、建物家財、どちらも対応していました。!!

良かった。

 

そして、免責金額:1万と書いてあるのは、1万円は、自己負担ですよ!という意味です。

 

 

我が家が入っている保険が使えるかもしれないと期待が高まり、とりあえず、資料を請求しました。

 

 

ここで、保険を使う時の大きなポイント2つをご紹介します。

 

1つ目、証拠の損害写真

 

損害写真は全体と破損箇所の2枚は必要です。

 

直す前に、必ず写真を撮ってください!!

 

↑玄関の戸、全体の写真です。

 

↑破損箇所の写真です。

 

2つ目 修理見積書(明細が分かるもの)

 

保険金請求書には、修理金額を記入する場所があります。

 

修理金額の明細が必要となりますので、工事業者の方に、依頼してください。

 

我が家の場合は、すぐに直しましたので、請求書と見積もり書を1度にもらいました。

 

↑見積もり書です。

 

 

 

◆保険請求までのスケジュール◆

2020年5月7日(1日目)

☞ガラスが割れる、直す、保険の資料請求

 

2020年5月11日(5日目)

☞保険の資料到着、記入。

 

2020年5月12日(6日目)

☞保険の資料をポストイン

 

2020年5月15日(9日目)

☞電話があり、ガラスが割れた時の状況を確認される

(口答で保険対象のため、早急に振込します。と)

 

2020年5月18日(12日目)

☞MY口座の振込金額、確認済

↑免責1万円なので、27,500円(支払金額)-10,000円(免責)=17500円(振込金額)

 

土日を挟んでの対応で、12日掛かりましたが、とても迅速な対応をしていただきました。

 

 

坂建築としても、保険対応の、見積もりや工事を、何件か行いました。

 

車のアクセルとブレーキを間違えて、玄関ポーチが破損し

 

車の保険で直されたお客様もいます。

 

 

台風で、瓦を直した方 火災保険の風災

 

台風で、雨どいなどを直した方 火災保険の風災

 

もし、自然災害で家のどこかが壊れた場合、保険で直せる場合がありますので、一度、坂建築にご相談ください。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら