ミニマリストとして、辞めれないこと 処分できないものを紹介 人と比べなくていい

  • ブックマーク

最近、自分でミニマリストと言ってしまっている、、、美和です。

 

まだ違和感がありますが、私のがらーんとした部屋でぽつーんと寝る寝室を見て、え?すげー!と言ってくれる方がいるので

 

私の中では普通のことが、きっと皆さんの中では、ミニマリスト系なんだと思います。

 

がらーんとした部屋にぽつーんと寝ます。

 

私は、色んなものを、処分(整理整頓・見直し)し続ける中で、どうしても処分できないものがあるので、処分できないものを、あえて書いてみたいと思います。

 

処分できないもの、その1 玄関マット

これは、処分したいのに、処分できない。

 

風水をそこまで信じているわけでは、ないのですが…

 

「玄関マットは、悪い気を払い落すもの」

 

みたいなことを書いてあることが多いので、なぜか、これだけは信じてしまい、処分できないのです。

 

子供達の足も汚いので、裸足の場合は、自然と玄関マットを使っています。

 

ということは、結構、汚れるので、頻繁に洗濯をします。

 

しかし、玄関マットは分厚くて乾きにくいので、正直、洗濯がめんどくさい。

 

軽いもの、乾きやすいものに変えると、動くのであまり好きではない。

 

色々な理由で、処分できないで、います。

 

う~ん、悩みどころの1つです。

 

いつか処分する日がくるのだろうか?

 

処分できないもの その2 子供達の写真・アルバム

子供達の小さい頃の写真、アルバムは、沢山あります。

 

このアルバムだけは、中々処分できません。

 

自分の写真は、結構整理できましたが、子供達の小さい頃の写真を見ればみるほど、処分できない。

 

というか、処分したくない(笑)

 

私の宝ものです。

 

 

最近、私の母が、整理整頓を初めて、私のモノは実家に、ほとんど無いと思っていましたが

 

たま~にでてきて

 

これいる?これどうする?と連絡がきます。

 

それが、兄と私の小学校の時の絵だったりします。

 

(兄は絵がうまい、私はピカソには、申し訳ありませんが、ピカソのような絵..)

 

私は、捨てていいよ!というのですが、母にすると、子育ての想い出とリンクするのか、処分できないそうです。

 

自分のものは、処分できても、子供のものは、なかなか処分出来ない気持ちは、すごぉーくわかります。

 

ちなみに、私の息子達が保育園の時、色んな作品を作って持って帰ってきました。

 

最初は、全て、お宝箱(段ボール)に保管しておきましたが、すごい量になったので、子供達に、持たせたり、がぶらせたりして、写真を撮って、作った作品は、全て処分しました。

 

写真に撮って、作品集として、アルバムに残してあります。

 

いつの日か、作品集作りは終わりました。。。

 

小学校になってからは、作っていません(笑)。。。

 

写真が増えても、そこまでかさばらないので、私の中では、OKを出しています。

 

仕事上、処分できないもの(必要なもの)

プリンター

パソコン

固定電話、FAX

など

 

家事を効率化する上で処分できないもの(必要なもの)

食洗機、ドラム式洗濯機

炊飯器2台(2台をふんだんに使っています)

ホットクック

ポット

電子レンジ

冷蔵庫

 

こうやってブログを書いていて、感じることは

 

これは、我が家の場合です。

 

それぞれ皆さんの家庭の環境、人数、年齢、全く違いますので、誰かの真似をしなくても、その時、自分がベストだと思うことをやれば、いいと思います!

 

その時、その時で考え方も、捉え方も変化していきます。

 

柔軟に対応していくことで、OKではないでしょうか?

 

私は、ブログというツールで、頭の中で考えていることを言語化することで

 

自分の本当に大切なものが分かってきました。

 

頭の中で考えていることを、文字にするということは、本当に素晴らしい。

 

アウトプット

 

手書きでノートにアウトプットでもいい。パソコンでもいい。

 

自分の言葉で、口に出すことでもいい。

 

何でもいいので、アウトプットすることで、自分の考えの整理整頓ができてくる。

 

綺麗な言葉、綺麗な文章よりも、その人の言葉がいいと思います。

 

ありのままの自分でいい。

 

飾らなくていい。

 

人と比べなくていい。

 

以上、いつも読んでくださってありがとうございます。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら