アジのなめろう(丼)漁師メシ 簡単で美味しい 

  • ブックマーク

アジをいただいたので、「アジのなめろう」を作りました。

 

なめろうとは?

房総半島沿岸が発祥の郷土料理。

 

漁の最中に手軽にできる、漁師メシとして、食べられてきました。

 

まな板の上などで、包丁を使って粘り気がでるまで細かく叩いたものです。

 

簡単に作り方をご説明します。

 

↑ 3枚におろしたアジを、包丁で細かくたたきます。

 

↑ 調味料(お酒、味噌、ネギ、おろしショウガ)を入れて、混ぜるだけ

 

※お好みで、にんにくや、大葉も合います!(^^♪

 

↑ ご飯の上に載せて、なめろう丼として、食べてもOK!

ちらっと醤油をかけても美味しいです。

 

↑もちろん、お酒のおつまみとして食べてもOK!

 

アジ、サンマ、サバ、イワシなど、青魚を使った料理が、なめろうです。

 

とっても、お手軽なので、皆さんも是非、作ってみてください。

 

オススメです!

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら