【父作】手作り竹ぼうき 我が家の竹を再利用して竹ぼうきへ変身

  • ブックマーク

我が家は、大量の竹に毎年悩まされております。七夕の時に、みんなが飾る、あの竹です。

 

↑ 毎日この竹と格闘しております。

 

2・3日裏庭へ行かないと。。。

 

↑ この量の竹が、ニョキニョキ・・・

 

雨が降った次の日は、とくにグングン伸びています・・・

 

裏庭に、竹の林が出来るほど。。。

 

いや、竹の森になりそうな勢いでした。

 

今年は、父と母が、裏庭のボサボサ具合いをみかねて、竹や木の選定を手伝ってくれました。

 

その時に、切った竹を全て実家へ持ち帰ってくれました。

 

父が竹を切っているときから、この竹で竹ぼうきを作ろうかな?とつぶやいていたのは、聞いていました。

 

こんな竹で、竹ぼうきなんて、作れるわけがない…と思っていた私ですが

 

母から、こんな画像が送られてきました。

 

↑ 父が、竹をせっせと刻んでおります。

 

↑ そして、竹の枝を紐でまとめて

 

↑ 竹の太い部分はどこに使うのでしょうか?

 

↑ 組み合わせると、竹ぼうきの出来上がりです。

 

↑ こんなに沢山の竹ぼうきを作ったそうです。

 

↑ この持ち手のところが、特に気に入っていると言っていました。

 

これは、売り物の竹ぼうきと同じ、じゃないですか!!

 

昔の方は、捨てるだけじゃなく、再利用することを常に考える。

 

見習わないといけない部分です。

 

本当に、すごい!!

 

お父さん、お母さん、ありがとう。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら