【自分で修理】Panasonicドラム式洗濯機 回らない エラー番号H35 ベルトが外れていた

  • ブックマーク

私の相棒と言っていいほど、大事なドラム式洗濯機が、回らなくなりました・・・

 

乾燥中は、動いているはけど、中は回っていない。。。

 

回らないということは、乾かない。

 

これは故障です。

 

修理代が掛かると思い、お札の福沢諭吉さんが羽をつけて、上へ飛んでいく映像が、頭の中をぐるぐる。。。

 

脱水でも同じなのか!?試してみると、脱水でも回らない。

 

そして、出たエラー番号表示が「H35」

 

ネット検索で、Panasonic ドラム式洗濯機 エラー番号 H35

 

と調べてみると、中のベルトが外れているか、ベルトの交換が必要と書いてありました。

 

ちょっと自分で、調査をしてみようと思います。

1.ドラム式洗濯機の電源を切る

早速、電源を切って、ドラム式洗濯機を動かして、裏側を見てみました。

 

 

2. 12箇所のネジを外す

↑ 12箇所ある、ネジを外します。

 

↑ 裏側が簡単に開きました。

 

開いてみると、ベルトが外れていました。(ベルトが外れていた写真がない・・・)

 

↑ ベルトが、外れて、下に落ちていたんです。

 

3.ベルトを取り付ける

↑ 下の金具にベルトを引っ掛けて、上の円盤にもベルトを掛けて、左に回しながら、夫と2人がかりで、ベルトを、ギューッと少し力を入れて、無事、ベルトの設置完了!!

 

まとめ

洗濯物を大量に入れすぎたり、水平な所に設置をしていない場合、何かの拍子で、ベルトが外れることがあるそうです。

 

無事、私の相棒、ドラム式洗濯機が、なおって良かったです。

 

勝手に、ネジを外して、触ってはいけないところを触って、ドラム式洗濯機が壊れることもありますので、お気をつけ下さい。(修理の方に聞いた話し)

 

以上、いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

ドラム式洗濯機のメリット・デメリット 寿命 購入する時に気を付けること

 

壊れたら絶対にまた購入する家電 第1位、食洗機 第2位、ドラム式洗濯機。合理的ミニマリストに絶対に必要な家電

 

良くエラーが出るドラム式洗濯乾燥機、今回の原因はこれかー

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら