木製建具からアルミサッシへ取り替え 断熱効果UP 明るい 網戸あり 

  • ブックマーク

木製建具は、和風のお家にはピッタリでとっても素敵です。

ただし、ガラスが薄くて、冬は寒い。

ガラスが薄いので割れやすい。網戸もありませんでした。実際に奥のガラス2枚が割れておりました。

 

網戸がないということは、暑い夏に戸を開けると、虫が入るため開けれません。

風も入らない。これは大変です。

 

木製建具を、アルミのサッシに取り替えます。

木製建具の撤去

↑ この木製建具を撤去します。

 

↑ 撤去後の写真です。

 

柱をたてる 柱をとりつける

↑ 上の横になっている丸太に、どうやって、縦の柱をとりつけるのでしょうか?

丸太に何か細工をしていました。

 

↑ うまく説明はできませんが、横の丸太に、縦の柱を組み込ませていきます。

 

↑ 下も細工がしてあります。すごい技ですね!

リフォームとは、今あるモノを活かしながら、新しいものを取り付ける。

大工さんの腕の見せ所です!

 

↑ 柱が取り付けられました。

 

 

木製の枠が完成

↑ アルミサッシを取り付けるための、木製の枠が出来ました。

 

アルミサッシの枠の取り付け

↑ よぉーく見ないと分かりませんが、木製の枠に、アルミサッシの銀色の枠が取付られました。

 

↑ アルミサッシの枠がピッタリ、木製の枠にハマリました!

 

大工さんとして、安堵したようです。一番難しいサッシの取り替えでした。

 

アルミサッシの取り付け

↑ 完璧な仕上がりです。

 

↑ 違う角度から

 

↑ もういっちょ、正面から

 

この後、外壁のサイディングなどを張っていきます。

完成写真は、またのちほど!

 

これで、冬は今までよりも寒くありません。

 

そして、大きな窓で、とっても明るくなりました!

 

まだ網戸は入っていませんが、網戸も入って、夏は戸を開けることが出来ます。

 

木製建具から、アルミサッシの取り替えのブログでした。

 

以上、いつも読んでいただきありがとうございます。

 

【柱移動・柱取替】素敵なアイランドキッチン設置のため これぞスケルトン解体

 

出来ないことはお願いをする コンクリート解体 重機を使って解体

 

解体からユニットバスの土間打ちまで全てやる大工さん 写真でご覧ください

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら