住みながら水回りのリフォーム(キッチン・トイレ・お風呂)仮設準備が必要 リフォームおススメ時期とは!?

  • ブックマーク

住みながら、水回りのリフォームをする時に、必要な仮設準備のことを書いていきたいと思います。

 

そして、住みながらリフォームをする、おススメ時期の紹介も合わせてお送りしたいと思います。

 

住みながら、キッチン、トイレのリフォームをする時は、まずは仮設の準備を行います。

今回の仮設キッチンの紹介

↑ 排水の関係で、家の中、納屋などに、仮設のキッチンを作れない場合は、外に仮設のキッチンを作ります。

 

↑ 雨が降っても大丈夫なように、屋根と壁を取り付けました。

 

外で洗いものだけをして、家の中で、卓上のガスコンロや、電気コンロで、お湯を沸かしたり、ちょっとした料理を行います。

 

仮設トイレはこちら

↑ 仮設トイレです。

 

↑ 家の中から、雨にぬれずにトイレへ行けるように、屋根と壁を取り付けました。

 

↑ これで、雨の日も大丈夫!

 

お客様は、防犯上、家の中から鍵を閉めれば大丈夫です。

 

工事業者の方も外から、トイレを使えるようにしてあります。

 

ここだけの話し

トイレがない現場は、地獄だそうです。。。(笑)

 

リフォームおすすめ時期

なるべく、夏、冬に、リフォーム内容や見積もりを行い、工事開始のオススメは、春と秋です。

 

どうしても、仮設キッチン、トイレが外になってしまう場合は、真夏は、暑い、真冬は、寒い

 

この季節をさけてリフォームできれば、お客様も毎日の日々が、苦痛になりません。

 

リフォーム中というのは、とても不便なことが多いです。

 

お風呂は、近くの銭湯へ行くしかありません。

 

冬は湯冷めもしますし、夏はお風呂に入ってもまた汗をかくかもしれないので、やはりオススメは、春か秋ですね!!(^^♪

 

なるべく気持ちよく、過ごせるためにも、大きなリフォームを行う場合は、工事開始が、春と秋がおすすめです。

 

今回は、リフォーム前に必要な、仮設キッチンと、仮設トイレ、そして、リフォームのオススメ時期のご紹介でした。

 

お客様のことを一番に考えて!

 

あなたの身近な大工さん

 

何か、お困りごと、ご相談があれば、いつでもご連絡ください。

 

【坂建築】

◆TEL/FAX 076-205-1281

◆メール msmn0923@yahoo.co.jp

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

▶リフォーム事例

築100年以上 お風呂リフォーム、光熱費削減に大成功 天井までの高さで悩んだ工事

 

築100年以上 キッチンリフォーム 工事内容のポイントをご紹介 解体から完成まで

 

築100年以上 洗面脱衣室が広く快適空間に変身 大工さんの工事ポイントを紹介

 

築100年以上。トイレリフォーム。爽やかでスッキリ 以前より少し広めにしました。

 

築100年 北風や雨が入る勝手口 家中が寒くなる悩みをリフォームで改善

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら