思い出のダイニングテーブルが塗装工事で新品同様に変身

  • ブックマーク

思い出のダイニングテーブルが塗装工事で新品同様に変身しました。

 

元のダイニングテーブルはこちら

↑ 汚れを落とそうと思い、スチームをしたところ、こんな感じに所々はげてしまったそうです

 

塗装工事後の蘇ったダイニングテーブル

↑ ピッカピカに、新品同様に生まれ変わりました。

 

↑ お家のリフォームと一緒に思い切って、ダイニングテーブルの塗装を行いました。

 

 

※リフォーム工事でこのダイニングテーブルを置く位置を事前に計算して、電気の配線をしてもらいました。

 

ダイニングテーブルの上にちょうど、電気が来るように!!(設計士さん、さすがです!)

 

 

塗装工事期間について

完成までに、2・3週間かかりました。

 

塗装工事の内容は、詳しくは分かりませんが、20回以上、磨きあげたそうです。

 

乾かすのに、1週間は掛かります。

 

合計、2・3週間。

 

まとめ

木製のテーブルでは、熱いお茶の湯呑みを置いて、湯飲み茶わんの裏の丸い後がテーブルに残ってしまった。。。など。

 

熱には弱いので、お気をつけください。

 

思い出のものは、塗装で蘇ることもあります!

 

ご参考になればと思います。

 

以上、いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

モデルルームのようなリフォーム 壁紙 間取り コーディネートは施主様 設計士さん 大工さんの総合力

 

木製建具からアルミサッシへ取り替えて断熱効果UP 明るい 網戸あり 第1弾 第2弾

 

【緊急事態】2階トイレの水漏れが原因で1階の天井に被害 漏電し家中停電 朝から大パニック

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら