シロアリ被害 床が落ちている 敷居 床 補修工事 金沢市/坂建築

  • ブックマーク

お客様から、床を見てほしいとご連絡がありました。

なんと、床がこのような状態で、上を歩く事もできません。

上に乗ると、いつ床が落ちてもおかしくない状態でした。

これはきっと、シロアリの被害にあっているのではないか?

解体開始

床を解体すると、やはり、シロアリの被害にあっていました。

シロアリ被害は、水回りに多く、今までの改修工事でも約8割の割合でシロアリの被害にあっていることがあります。

解体完了

一番心配していたのは、床が落ちていたので、真ん中に通っている水の配管が痛んでいないか、不安でした。

写真の通り、配管は無事でした。もし配管に被害があると、水漏れになり、だい工事になる所でした。

柱の補修

柱の下の部分のみ、シロアリの被害にあっていたので、補修工事を行いました。

なんと、3ケ所!! 柱の下の部分が腐ると大変です・・

家の土台は大事ですね!!

床下地工事

高さを出して、床の基礎工事です。

写真の左手前に、洗面台があり、洗面台が空中に浮いている状態だったため、洗面台の下もしっかりと基礎工事を行いました

シロアリの薬をぬります

シロアリは、木が大好きなので、木の部分にシロアリの薬をしっかりと塗りました。

フロアーを張っていきます

床の下地工事の後は、構造用合板を張ってから、その上にフロアーを張っていきます。

水回りなので、水に強いフロアーを選びました。色はブラックチェリーです。

敷居も取り替えました

敷居もシロアリ被害にあっていたので、敷居も取り替えました。

この敷居の材質は、草槇(くさまき)と言って、シロアリには、強い材質だそうです!

塗装屋さんと主人(大工さん)が話しているのを聞きました。

完成

大工工事は完成しました。 この後、塗装屋さんが、敷居に色を塗ってくれます。

Before
After

塗装も完了

塗装完了です

まとめ

お客様は、すごく喜んでくれました。もっと早くに工事をお願いすれば良かったと。

トイレはなんとか使っていたけど、床が落ちそうだったので、洗面台もお風呂も使えない状態だったそうです。

床が頑丈になりましたので、これからは洗面台もお風呂も使えると、喜ぶ姿を見て、私まで嬉しくなりました。

どうしても、お一人様家庭でご高齢になると、この家をどうするのか?と考え始め、どこまで直すのか迷います。

今回は、改装工事中に、私はお客様と色んなお話しをさせていただき、とっても楽しい工事となりました。

今回の改修工事は、2日間かかりました。

坂建築を選んでいただきありがとうございました。

【リフォーム:坂建築】シロアリの被害にあった敷居の取り替え 

【町家リフォーム】解体から完成までの写真/金沢市/坂建築/大工さん/2021

【トイレリフォーム】床の表面はアンモニアに強い仕上げ/汚れが拭き取りやすい/ 傷に強い

【リフォーム:坂建築】シロアリの被害にあった敷居の取り替え

何か、お困りごと、ご相談があれば、いつでもご連絡ください。

【坂建築】

◆TEL/FAX 076-205-1281

◆メール msmn0923@yahoo.co.jp

いつも読んでいただきありがとうございます。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら