【金沢市リフォーム】築30年 トイレ改装 オシャレな手洗い器はお客様がインターネットで海外から購入!

  • ブックマーク

お客様から、トイレと洗面脱衣室のリフォームをしたいとご連絡がありました。

 

トイレについては、ずっと使っていない、この男子用便器を外したいというご依頼でした。

 

実際の男子トイレがこちら

↑ ここに手洗いを置きたいということで、リフォームが始まりました。

 

解体開始!トイレと手洗いを外します

↑ 男子トイレと手洗い器を外しました。

 

リフォームのポイント

トイレ全体で、色やイメージを合わせる。

 

↑ 今回は、この天井の電気がぶら下がっている部分に使われている、「ヨシ」を取り入れることにしました。

 

お客様からのご提案です。

 

↑ 中間の戸も素敵ですよね!!

 

和風のお家は、癒されます。

 

お客様がインターネットで購入したオシャレな手洗い器

↑ お客様がインターネットで購入した洗面ボウルです。

 

この洗面ボウルに合う、工事を依頼されました。

↑ 海外から取り寄せたため、説明書は英語です↓

 

説明書には、写真(絵)があるので、設備工事は大丈夫!

 

手洗い器取付の工事開始

↑ 解体をしたパイプに、新しい洗面ボウルにつなぐ、配管を取付けました。排水もOK!

 

↑ 次は、主人(大工)が配管を見えないように、壁を作ります。

 

実は、黒色の天板は、洗面脱衣場で使われていた、天板を再利用しました。使えるものは使った方がいいですね!!!

 

▶洗面脱衣室のリフォームの様子はこちら↓

☞築30年 洗面脱衣室リフォーム お客様がインターネットで洗面台を購入!が、しかし・・・

 

↑ 壁の側面には、「ヨシ」を取付ました。和風でいい感じです!!

 

↑ お客様が購入した、洗面ボウルを取り付けて、完成!!

 

鏡もお客様がご自分で購入してきたものを、こちらで取り付けました。シンプルで素敵な鏡です。

↑ 完成です。

 

正直、写真では伝わらないくらい素敵にリフォームができて、お客様も施工業者の坂建築も大満足です。

 

 

大工さんの工事ポイント

リフォームは、解体をしてみないと分からない部分があるので、今回、男子トイレと手洗い器を外してから、一部、リフォームプランを変更しました。

 

壁のタイルを割る予定でしたが、壁を前に出すことで、タイルを割らなくてもOK!

 

そして洗面器の台(天板)は、主人(大工)が作って、ダイノックシートを張る予定でしが、洗面脱衣場の天板を再利用OK!

 

本当に、素敵な仕上がりになり、こちらこそ、いい経験をありがとうございました。

 

▶今回のリフォームで見つかった漏電

築30年 分電盤の取り替え(交換)をした時に見つけた漏電

 

▶洗面脱衣室のリフォームの様子はこちら↓

☞築30年 洗面脱衣室リフォーム お客様がインターネットで洗面台を購入!が、しかし・・・

 

何か、お困りごと、ご相談があれば、いつでもご連絡ください。

坂建築

◆TEL/FAX 076-205-1281

◆メール msmn0923@yahoo.co.jp

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら