確定申告の白色ってなぁに?青色もあるらしい。違いはわかりますか?

資料

旦那と結婚したのは、2006年。その頃私は、会社員でした。9月に結婚して翌年2月頃、確定申告をしなければいけないと・・・旦那から相談されました。

会社では年末調整だったので、何?確定申告?と意味が分かりませんでした。

旦那も結婚するまでは、実家に住んでいましたので、旦那のお父さんが旦那もの分も確定申告をしていたようです。(ちなみに親子で大工さん、お父さんは旦那の親方になります。)

まず親方に言われるがままに、白色の確定申告書に、売り上げは、1月~12月までもらったお給料を書いて、経費の部分は通信費10万とか消耗品20万とか接待交際費5万とか、書いた記憶があります。

事務員美和

20代の独身の頃は、会社の給与明細と言えば、入金される金額だけ見て満足。何が引かれているのか、全く興味がありませんでした。

ですから、税金関係も全く知りませんでした。雇用保険、社会保険、健康保険料など、どういう計算方法なのか?全く知らずに色々引かれていました。

話しはそれましたが、確定申告の白色をとりあえず書いて、3月に石川県金沢市の税務署へ提出しました。

するとその確定申告書を元に、5月頃、その年に支払う住民税や健康保険料の金額を書いた紙が送られてきたのです。

まずは、ここまで。次は白と青があることを知ったのでそれを書きたいと思います。

 

投稿者プロフィール

美和ちゃん
美和ちゃん
旅行、食事、断捨離、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら