モノを置かないシリーズ「子供服編」子供服は引き出しの中で衣替え メリットが沢山ある

  • ブックマーク

まず息子の年齢から紹介します。小5と小2の息子が2人います。

 

息子達の1年分の服の量

 

たんす

↑ ここに全て収まります↓

 

タンス

↑ まず1番上の段は、パジャマと下着です。↓

 

↑ 2段目はこちら、上の服とドッジボール用

 

↑ 3段目はこちら、下の服と靴下

 

片づけ方のポイント

写真を見て、わかるかもしれませんが

 

使うものは手前に。使わないシーズンのものは、奥にしまいます。

 

ということで、引き出しの中で衣替えができるというわけです。

 

なぜ、こんなに洋服が少ないのか?

 

1つは、石川県金沢市は、学校は制服です。

 

学校から帰ってきて着る服があれば十分。

 

1シーズン3・4着あれば十分です。

 

子供は、自分の着やすい・動きやすい服しか選びません。

 

男の子は、小学校の間、デザインは関係ないようです。

 

たまにその組み合わせ?大丈夫?という時がたたあります・・・。

 

洋服が少ないメリット

  1. 衣替えがラク
  2. 洋服選びに時間がかからない
  3. 洋服は、たくさん着てもらえてすごく喜んでいる
  4. 誰が洗濯を畳んでも片づけやすい
  5. 長男の着れなくなった服は、隣りの次男のところへ移動(笑)

 

※これでも、あまり着ない服がでてくるほどです。

 

服を買うなら、旅行へ行きたい(笑)私の本音・・・

 

せっかく服を買ったなら、その服を沢山着ましょう!

 

着るために、服は買うのです!!!

 

必要なモノだけで暮らす!

 

お風呂編

子供服編

台所編

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら