うおのめではなくイボだった/液体窒素が痛~い/早めに皮膚科へいくべし

  • ブックマーク

中1長男の足に、うおのめが出来たと思っておりました。

 

ずっと、市販のうおのめパッチを貼っていたけど、治らない。。。

 

部活もあって、友達とも遊びたい、ゲームもしたい

 

中々皮膚科へ行くという選択が出来ず、市販のうおのめパッチでごまかして、半年。

 

中々なおらないので、やっとで皮膚科へGO!!!

 

皮膚科で言われたこと

これ、うおのめではなく、イボですね。

 

イボはヒト乳頭腫ウィルス感染による良性腫瘍であり、小児の患者様の手足に良く見られます。

 

(たしかに、次男も保育園時代、足の指にイボができました)

 

当院では、液体窒素といって、マイナス196℃の非常に冷たい液体スプレーで噴霧することで、イボを凍らせ、脱落させる治療法を行っておりますが、どうされますか?

 

イボの大きさや場所、数によって何回やるかは、異なります。

 

我が家の判断

宜しくお願いします。

 

(長男よ、痛いけど、頑張れ!!)

 

液体窒素を噴霧

いぼ

↑ 長男は、イ~っとなりながら、我慢

 

車にのって、痛い、痛いの発狂。。。

 

30分ぐらいは、痛そうでしたが、テレビを見たりして、気が紛れてきたようです。

 

朝、学校の靴を履いて、痛った~いと言うておりました・・・

 

(ちょうど木曜日は部活が休みの日なので、毎週水曜日に受診決定です)

 

また1週間後受診

 

後、1・2回で、イボがシンから取れるといいね!!

 

まとめ

皮膚に何かできた場合は、自分で判断せずに早めに皮膚科への受診をオススメします。

 

イボも小さいうちなら、早くとれる。

 

大きくなると大変なので・・・

 

自分の勝手な判断は、これから、気をつけようと思います・・・

 

触った手に、イボがうつる場合があるので、長男よ気をつけてください。

 

そして、皆さんも、何か気になった時は、まずは受診を!早めに早めですね。

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

事件です/北陸地方/長男は半年間 外気温状態で寝ていた/なんということでしょうか?

 

成長期の息子達がいるけど基本朝食は作らない/食べないわけではありません

 

【写真記録】息子達の後ろ姿が大好きなアラフォー母ちゃん

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら