築100年 洗面脱衣室が広く快適空間に変身 大工さんの工事ポイントを紹介

  • ブックマーク

洗面脱衣室が、リフォームで大きく変わりました。

 

以前の洗面脱衣場

↑ 洋服、タオルを置く場所しかありません。

 

まずは解体

↑ 洗面脱衣室、お風呂の解体がとても大変でした。

 

↑ 解体後は、こちら お風呂、脱衣室、トイレの影も形もない状態になりました。

 

基礎、土間、床作り

↑ お風呂、脱衣室、トイレの墨出しをして床を作っていきます。

 

↑ 基礎の床ができてきました。

 

↑ 下地の骨組みの段階です。

 

柱、壁作り

↑ 柱も建てられました。お風呂と脱衣場の境目はまだありません。

 

↑ 少しづつ壁と床ができてきました。

断熱材

↑ 外壁からの冷気が入らないように、断熱材もしっかり入れました。

 

ボード張り

↑ 天井のボード張り

 

↑ 壁にもボードを張りました。窓の下板には、塗装を塗りました。

 

内装工事 クロス貼り

↑ 天井と壁には白色のシンプルなクロスをお選びになりました。

 

↑ 壁には、1面だけポイントにピンクのクロスを貼り、床はクッションフロアをはりました。

 

脱衣場はピンク系。

トイレは緑系。

同じ柄を選び、場所で色を変える。

 

完成です

↑ 以前の脱衣場がこちら

 

↑ 今回、完成した脱衣場がこちら

 

とっても広くなりました。

 

大工さんの工事ポイント

↑ 以前は天井に大きな梁(はり)があったため、低い天井でしたが、今回は梁(はり)の部分だけ残し、天井をあがるところまで、上げました。

 

↑ 梁の部分を残し、天井をあげることで、お部屋が広い空間に生まれ変わります。

 

外壁の窓も、そのまま利用して、明るさも取り入れています。

 

以前は、換気扇もありませんでしたので、換気扇も新規で取り付けました。

 

小さな事から丁寧に、あなたの身近な大工さん。

 

▶他のリフォーム例はこちら

築100年 お風呂リフォーム、光熱費削減に大成功 天井までの高さで悩んだ工事

 

築100年 キッチンリフォーム 工事内容のポイントをご紹介 解体から完成まで

 

築100年 トイレリフォーム。爽やかでスッキリ 以前より少し広めにしました。

 

築100年 北風や雨が入る勝手口 家中が寒くなる悩みをリフォームで改善

 

住みながら水回りのリフォーム(キッチン・トイレ・お風呂)仮設準備が必要 リフォームオススメ時期とは!?

 

何か、お困りごと、ご相談があれば、いつでもご連絡ください。

【坂建築

◆TEL/FAX 076-205-1281

◆メール msmn0923@yahoo.co.jp

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら