神棚をお迎えしました2020.7.25 神棚の準備 お神札 御祓い しめ縄

  • ブックマーク

え??? ☞神棚か仏壇が無い家は、納屋?

 

我が家にも、2020年7月25日に神棚をお迎えしました。

 

まずは、神棚の受け台を準備します。

↑ 主人、手作りの神棚の受け台です。

 

↑ 強度、補強も大事。

 

↑ 実際に神棚をのせてみました。榊(さかき)や お塩、お米、お酒を準備中。

 

↑ お米お塩 

 

↑ この瓶には、お酒を入れます。

 

↑ 左から、です。

 

 

大野湊神社で2つのお神札(おふだ)をいただいてきました。

 

中央の神宮大麻「天照大御神様

 

右の氏神様「大野湊神社

 

左の崇敬神社のお神札をいただきに、石川県白山市の白山比咩神社へ行く予定です。

 

↑ お神札は、それぞれ、神棚の扉の中へ納めました。

 

↑ 無くてもOKですが、我が家の神棚は、箱型なので、御神幕を仏壇店で購入してきました。

 

↑ よし、これでOKかな?

 

と思いきや、しめ縄も必要だそうです。

 

ちょうど、町内のお祭りの関係で、しめ縄などが、家にありましたので、さっそく取り付けました。

 

↑ しめ縄は、年末年始になると、神棚用のモノが売っているそうです。

 

ここからは、知り合いの方に、御祓いをお願いしました。

 

かしこまらず、普段着で来るね!と前もって、連絡をいただいていたので、私達も私服で、御祓いをしていただきました。

 

ちょうど家族4人揃っていて良かった。

 

お水は、毎日替える。

 

お酒やお米、お塩、榊は、1ヶ月に1度。お朔日にでもいいよ!と教えていただきました。

 

(毎日替えてもOK)

 

我が家に神棚をお迎えできて、ほっとしております。

 

ちょうど主人が前厄の年でもあるので、いい機会だそうです。

 

これから、毎朝、お水を替えて、手を合わせていきたいと思います。

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

 

私の学びブログはこちら↓

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら