大きな納屋の解体(1)納屋の中を整理整頓 見ごたえがある写真がいっぱい

  • ブックマーク

大きな納屋の解体の依頼がありました。

 

理由は、2020年度この冬、雪が降ったり、強い風が吹くと、風で瓦が飛んでいったり、瓦が崩れ落ちたり周りへの被害が起こる可能性がある状態なので、冬になる前に納屋を解体をしたい。

 

実際に、瓦が何枚か崩れ落ちている状態です。

 

ここで問題発生!!

 

大きな納屋が一番古い・・・

 

大きな納屋の周りに、新しく車庫や家の増築をして、大きな納屋が一番奥にある状態です。

 

ということは、大きな納屋を壊すための、重機が入りません。

 

重機が入らない???といことは、手で壊す。手ごわしです。

 

第1段、納屋の中の整理整頓から始まりました。

↑ 整理前

 

↑ 整理後です。

 

↑ 整理前

 

↑ 整理後

 

 

 

↑ 軽トラックに沢山のせて、何回も運びました。

 

↑ 一般で出せるものは、お客様と月1回のゴミ出しの日に出しました。

 

↑ 一般ごみも軽トラで3回運びました。

 

↑ 車庫に置いてあった、一般ごみを捨てて、スッキリです。

 

↑ 納屋の2階の草刈り機や除草剤?や肥料?をまく機械もありました。

 

 

 

 

 

↑ 瓦などの解体用に、ちょっと足場を作成

 

↑ 木は綺麗に、2トントラックに積みました。木のみで、2トントラックが2回ほどいっぱいに!

 

↑ 納屋の二階です。ここにも、モノが沢山ありました。

 

↑ これを2回分です。

 

↑ これも、納屋の2階にありました。昔、何に使っていたのかな?

 

↑ 納屋の2階が綺麗になったとおもいきや、こんなところにも、板がいっぱい

 

↑ 砂ぼこりまみれになりながら、板をおろしました。

 

↑ 素晴らしいハリですね!

 

 

↑ 納屋の2階は、意外と広かった・・・

 

一度、2階にあげたら、絶対におろさない。これは、皆さん、気を付けてください。

 

では、キレイになった、大きな納屋をご覧ください

 

 

 

 

 

皆さんの実家にも、大きな納屋などありませんか?

 

解体、処分にも、大きなお金がかかりますので、ぜひ、お早めに使わないモノは、処分をしてみてはどうでしょうか?

 

次世代の人が、全て対応をしないと行けないということを、是非一度考えてみてください( ^ω^ )

 

次は、大きな納屋の土壁を解体

 

【金沢市リフォーム】築30年 洗面脱衣室 お客様がインターネットで洗面台を購入!が、しかし・・・

 

【金沢市】築100年 トイレリフォーム 爽やかでスッキリ 以前より少し広めにしました

 

倉庫から『こぐまちゃんカフェ』が完成するまでの道のり

 

何か、お困りごと、ご相談があれば、いつでもご連絡ください。

【坂建築】

◆TEL/FAX 076-205-1281

◆メール msmn0923@yahoo.co.jp

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら