大雪による家電の故障の原因/第一位と第二位の紹介/修理の方に聞いた話し

  • ブックマーク

2021年1月中旬、北陸地方は、大雪でした。

 

1月下旬、我が家のドラム式洗濯機の乾燥の調子が悪いので、パナソニックの修理の方に来てもらい対応してもらいました。

 

そこで支払い手続きの時に、修理の方とちょっとお話しをしてみると

 

今年(2021年)はエアコンエコキュートの故障が多いです・・・と・・・

 

これから次、まだ修理に行かないといけない・・・と・・・

 

今回の大雪が原因だそうです。

 

大雪での故障 第一位は、エアコン

エアコンの室外機が、雪で埋まるのが故障の原因の1つらしいです。

 

そして、ファンの所に雪が入りこんだり・・・

 

そして、漏電したり。。。

 

するそうです。

 

我が家には、4台のエアコンがありますが、たまたま和風のお家で、しかも、屋根が長く、軒(のき)の下にエアコンがあるため、雪に埋もれる心配は、ありませんでした。

↑ こんな感じで、エアコンの室外機は、雪に埋もれることがありません。

 

後、室外機の高さもあるので、大雪でも大丈夫でした。

 

皆さんのお家のエアコンの室外機、大丈夫ですか?

 

大雪での故障 第2位 エコキュート

エコキュートも大雪で故障することが増えているそうです。

 

ヒートポンプの保温がしっかりされてない場合は、雪に埋もれて凍ってしまう・・・

 

それが、原因で壊れることもあるそうです。

 

その他

我が家には、エコキュートはありませんが、お風呂の灯油のボイラーが外にあります。

 

2018年の大雪の時に、ボイラーの配管の保温が劣化していたため、凍ってしまいました。

↑ これが灯油のボイラーです。

 

↑ テープで巻かれている、これが、保温です。

 

発泡スチロールのようなもので、配管をまいて、テープで止めてあります。

 

配管の保温が劣化していたため、ここの配管が凍ってしまい、お湯が出ませんでした・・・

 

ただし、大雪で凍ってしまったけど、運よく次の日、天気になり溶けたので、お湯がでました。

 

保温って大事。

 

普通の雪なら大丈夫でも、大雪によって外に置いてある、エアコンの室外機が埋もれてしまい、エアコンが故障するということもありますので、ちょっと頭にいれておくといいと思います。

 

以上、いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら