【金沢市/坂建築】井戸のお祓い/神聖な井戸近くのリフォームの注意点

  • ブックマーク

お客様から相談がありました。

 

相談内容

  • 2つあるトイレを1つにて、広く使いたい。
  • 廊下と段差をなくしてフラットにしたい。
  • トイレの近くにずっと使っていない枯れてしまっている井戸があります。どうすればいいでしょうか?

 

井戸について知り合いの方に聞きました

リフォームの工事前に、氏神様の宮司さんにお祓いをしてもらうといいと教えていただきました。

 

さっそく、お客様が、お祓いをしてもらったそうです。

お祓いの様子の写真

 

 

井戸

↑ 開かずの間の奥の下にあるのが、井戸です。

 

井戸

↑ これが井戸です。

 

↑ 一緒にリフォーム予定の和式のトイレもお祓いをしてもらったそうです。

 

↑ こちらの洋式のトイレもお祓い。

 

リフォームで改善予定

段差があり、掃除が大変。 → 広くフラットに

 

老後のことを考えて、2つのトイレをトイレ1つにし部屋を広くして掃除をしやすく。

床をあげ段差をなくして、フラットにする予定。

 

30年経っているトイレ。

 

狭くて、掃除が大変だったそうです。

 

そして、今回は、はみがきなども出来る、洗面台を近くに置く予定。

 

リフォーム後の間取りを考える上での注意点

神聖なる場である、井戸の上に、汚物や排水などは通さない方がいい。

 

特にトイレなどの汚水管はよくない。

 

神聖な場と言われてる井戸なので、なるべく、汚水物はさける。

 

今回のリフォーム間取りはこちら↓

↑ 私の手書きですが・・・

 

こんな感じでリフォームの間取りが決定。

 

↑ 今は、こんな感じです。洋式のトイレの隣りに、和式のトイレ、その隣りに、開かずの間(井戸のある部屋)

 

井戸のある部屋も活用できるように、プチリフォームをする予定です。

 

トイレのリフォームなどの記事は、少しづつアップしていきたいと思います。

 

以上、いつもブログを読んでいただきありがとうざいます。

 

【金沢市リフォーム】築30年 トイレ改装 オシャレな手洗い器はお客様がインターネットで海外から購入!

 

【金沢市/坂建築】築30年以上/トイレリフォーム/ボルトが緩み水漏れしていた

 

【金沢市】築100年 トイレリフォーム 爽やかでスッキリ 以前より少し広めにしました

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら