【仮設トイレ】お客様目線ではなく業者目線でした 美和反省

  • ブックマーク

たかが、仮設トイレ、されど仮設トイレ。

 

トイレのリフォームをするため、仮設トイレを設置しました。

 

ここで、いつも業者目線だったことに、反省した美和です。。。

 

業者目線に気づいた理由

お客様が、仮設トイレの中を見て、あ~和式だ。。。と

 

あれ?そういえば、今まで、仮設トイレは、業者の方が外で使うことが多かったので

 

汲み取り式か、水栓式の2つしか私の頭にはありませんでした。。。

 

今回のお客様はそういえば、ちょっとご年配の方です。

 

和式トイレ、膝、大丈夫かな!?

 

仮設トイレに洋式って、見たことありますか?

↑ この和式トイレの上に、仮設の洋式(ポータブル洋式)をポンと置くそうです。

どうやって置くの? 上の便座だけ置く感じだそうです。

 

お客様からは、今回のトイレの改装工事が、1週間ぐらいで終わる予定なので、大丈夫ですよ!と優しいお言葉を頂きました。感謝です。

 

↑ なんとお客様がご自分で、洋式便座を作ったそうです!

すごい!!

 

仮設トイレ、壁工事

お客様が家から外に出てトイレをする時に、雨に当たらないように、仮設トイレに、壁と屋根を取り付けました。

 

 

青空大工さんです。

 

 

↑ 家の中から雨に濡れずにトイレへ行けます。踏み台もバッチリ!!

 

仮設トイレの仮設工事、完成!

 

まとめ

常にお客様目線で!と思っていても、中々気づかないこともあります。

 

こうやって、1つ1つ勉強させていただきます。

 

まだまだ建築に関しては、新米ですが、あたたかく見守っていただけると嬉しいです。

 

何か、お困りごと、ご相談があれば、いつでもご連絡ください。

坂建築

◆TEL/FAX 076-205-1281

◆メール msmn0923@yahoo.co.jp

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

【要注意】家の維持にはお金がかかる/外壁は10年目以降少しづつ劣化が始まります

 

ガラスの破損→修復→火災保険請求→振込までの一連の流れ

 

【家のトラブル】どこの誰に相談をしていいのか?分からない案件?事例特集

 

2018年の台風でお客様のお家の外壁、雨どい、電気のアンテナが壊れたので保険でなおしました

  • ブックマーク

この記事を書いた人

美和ちゃん

旅行、食事、整理整頓、スポーツなど、大好きなことを沢山、発信していきたいです。

大工一筋の旦那と石川県金沢市にて坂建築を経営。大工のお仕事についても書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら